2016年11月01日

ワードプレス(WordPress)のカスタマイズで読み込み中が繰り返される事象

作業のため、ワードプレス(WordPress)の管理ページでカスタマイズを開きました。

WordPressカスタマイズ読み込み中回避1

すると読み込み中になり、永遠に読み込みを繰り返して操作ができない状態になりました。
このときに、この問題を回避した手順の備忘録です。

WordPressカスタマイズ読み込み中回避2

インストールしたプラグインを1つ1つ調べていった結果、「WP-Copyright-Protection」というプラグインが原因であることがわかり、このプラグインを停止しました。

WordPressカスタマイズ読み込み中回避3

WordPressカスタマイズ読み込み中回避4

この結果、読み込みを繰り返し状態が解消され、操作ができるようになりました。

posted by 管理人 at 00:00 | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

Wordpressテーマ「Simplicity」の投稿者を非表示にする方法

Wordpressテーマ「Simplicity」で投稿者を非表示にする方法を解説します。

投稿者が表示されていると、管理ツール(ダッシュボード)へのログインユーザーが公開された状態になるので、セキュリティの面でもあまり好ましくありません。

初期状態では、投稿記事の下に投稿者が表示された状態になっています。

Simplicity投稿者非表示1

この投稿者の表示を非表示にして消します。
管理ツール(ダッシュボード)へ移動します。

[外観]の[カスタマイズ]をクリックします。

Simplicity投稿者非表示2

[レイアウト(投稿・固定ページ)]をクリックします。

Simplicity投稿者非表示3

下にスクロールして[投稿者情報の表示]のチェックをはずします。
1番上にある[保存して公開]ボタンをクリックします。

Simplicity投稿者非表示4

記事下の投稿者の表示が消えました。

Simplicity投稿者非表示5


posted by 管理人 at 00:00 | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

Wordpressテーマ「Simplicity」の投稿日付と更新日付を非表示にする方法

Wordpressテーマ「Simplicity」で投稿日付と更新日付を非表示にする方法を解説します。

初期状態では、投稿タイトルの下に投稿日付と更新日付が表示された状態になっています。

Simplicity日付非表示1
(左が投稿日付、右が更新日付)

この投稿日付と更新日付の表示を非表示にして消します。
管理ツール(ダッシュボード)へ移動します。

[外観]の[カスタマイズ]をクリックします。

Simplicity日付非表示2

[レイアウト(投稿・固定ページ)]をクリックします。

Simplicity日付非表示3

下にスクロールして[投稿日の表示]と[更新日の表示]のチェックをはずします。
(投稿日付と更新日付のどちらか1つを消したいときは片方だけチェックをはずします)
1番上にある[保存して公開]ボタンをクリックします。

Simplicity日付非表示4

記事タイトル下の投稿日付と更新日付の表示が消えました。

Simplicity日付非表示5

posted by 管理人 at 00:00 | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


新着記事一覧