2014年10月01日

ドロップボックス(Dropbox)のインストール

ドロップボックス(Dropbox)は、クラウドストレージサービスです。

クラウドストレージとは、インターネット(クラウド)上にあるハードディスク(記憶領域)で、インターネットに接続できれば、端末や場所を選ばず、どこからでもハードディスクにアクセスできる便利なサービスです。オンラインストレージとも呼ばれています。

ドロップボックスは、2GBまでは無料で利用できます。
月額利用料を払えば、容量を増やすこともできます。

ドロップボックスの導入手順を説明します。

ドロップボックスにアクセスします。

Dropbox

名前(姓、名)、メールアドレス、パスワード(任意)を入力して「Dropboxの利用規約に同意します」にチェックを入れて、[アカウント作成]をクリックして、アカウントを作成します。

Dropboxインストール1

[ダウンロード]をクリックします。

Dropboxインストール2

自動でダウンロードが始まります。

Dropboxインストール3

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、起動します。

Dropboxインストール4

ドロップボックスがインストールされます。

Dropboxインストール5

作成したアカウントのメールアドレスとパスワードでログインします。

Dropboxインストール6

インストールが完了しました。

Dropboxインストール7

posted by 管理人 at 00:00 | TrackBack(0) | クラウドストレージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

シュガーシンク(SugarSync)のインストール

シュガーシンク(SugarSync)の無料版5GBサービスの提供は、2015年4月1日で終了になります。今後は90日間無料トライアルのお試し利用になるので、無料で利用したい人は、ほかのクラウドストレージを利用しましょう。

シュガーシンク(SugarSync)は、クラウドストレージサービスです。

クラウドストレージとは、インターネット(クラウド)上にあるハードディスク(記憶領域)で、インターネットに接続できれば、端末や場所を選ばず、どこからでもハードディスクにアクセスできる便利なサービスです。オンラインストレージとも呼ばれています。

シュガーシンクは、5GBまでは無料で利用できます。
月額利用料を払えば、容量を増やすこともできます。

シュガーシンクの導入手順を説明します。

シュガーシンクにアクセスします。

SugarSync

上段の[お申し込み]をクリックして、画面を変えて[5GBトライアルはこちら]をクリックします。

SugarSyncインストール1

[同意する]をクリックします。

SugarSyncインストール2

メールアドレス、ニックネーム、パスワードを入力して[次へ]をクリックします。

SugarSyncインストール3

[次へ]をクリックします。

SugarSyncインストール4

SugarSyncファイルマネージャをダウンロードします。端末に対応するものをダウンロードします。
(以下、Windows用の[ダウンロード]をクリックした場合を説明します)

SugarSyncインストール5

ダウンロードしたSugarSyncファイルマネージャをダブルクリックして起動します。

[Japanese]を選択して、[OK]をクリックします。

SugarSyncインストール6

インストールが始まります。

SugarSyncインストール7

先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]をクリックします。

SugarSyncインストール8

自分のコンピュータの名前を入力して[OK]をクリックします。

SugarSyncインストール9

[スキップ]をクリックします。

SugarSyncインストール10

SugarSync のフォルダが表示されます。インストール完了です。

SugarSyncインストール11

posted by 管理人 at 00:00 | TrackBack(0) | クラウドストレージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

グーグルドライブ(Google Drive)

グーグルドライブ(Google Drive)は、Googleが提供するクラウドストレージサービスです。

クラウドストレージとは、インターネット(クラウド)上にあるハードディスク(記憶領域)で、インターネットに接続できれば、パソコン、タブレット、スマートフォンなど端末や場所を選ばず、どこからでもハードディスクにアクセスできる便利なサービスです。オンラインストレージとも呼ばれています。

グーグルドライブは、15GBまで無料で利用できます。
月額利用料を払えば、容量を増やすこともできます。

グーグルドライブを利用するためには、グーグルアカウントが必要です。
グーグルアカウントを持っていない人は作ってしまいましょう。

Google アカウントの作成

グーグルドライブを使用するには、グーグルにアクセスします。
(グーグルにログインしておきましょう)

Google

右上のメニューから[Drive]をクリックします。

グーグルドライブ1

グーグルドライブが開きます。

グーグルドライブ2

Internet Explorer だと「アプリの読み込み中に問題が発生しました」と表示されて、正常に動作しない(表示されない)という事象が発生してしまいました。Google Chrome であれば、問題なく動作しました。

グーグルドライブでは、オンラインストレージの機能のほかに、文書作成、表計算、プレゼンテーション、アンケートフォーム、図形描画、地図作成 などのソフトが利用できます。

グーグルドライブ3


グーグルドライブには、アプリもあります。
PCアプリのダウンロードページは↓です。

ダウンロードページ

[ドライブをダウンロード]にカーソルを合わせて、[Windows]をクリックします。

グーグルドライブアプリインストール1

[同意してインストール]をクリックすると、ダウンロードが始まります。

グーグルドライブアプリインストール2

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、起動します。

グーグルドライブアプリインストール3

※セキュリティの警告が表示された場合は、[実行]をクリックします。
※[次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?]と表示された場合は、[はい]をクリックします。

自動的にインストールされます。インストールが完了したら、[閉じる]をクリックします。

グーグルドライブアプリインストール4

[Google ドライブへようこそ]画面が表示されるので、[開始する]をクリックします。

グーグルドライブアプリインストール5

メールアドレスとパスワードを入力して、グーグルアカウントでグーグルにログインします。

グーグルドライブアプリインストール6

[次へ]をクリックします。

グーグルドライブアプリインストール7

[次へ]をクリックします。

グーグルドライブアプリインストール8

[次へ]をクリックします。

グーグルドライブアプリインストール9

[完了]をクリックします。

グーグルドライブアプリインストール10

グーグルドライブのアプリがインストールされました。

グーグルドライブアプリインストール11



グーグルドライブ用のフォルダが作成されるので、そこに保存したファイルを置いておくと、自動的に同期が始まって、クラウドストレージに保存される仕組みになっています。グーグルドライブのアプリをインストールすると、グーグルの文書作成、表計算、プレゼンテーションのソフトもあわせてインストールされます。これらのソフトは、ウェブブラウザ上で動作します。

グーグルドライブに保存してあるファイルは、最大10GBまでのサイズなら、Gmailから擬似的にメールに添付して送信することができます。メールに、対象のファイルが格納されたURLが記載されるので、メールを受け取った側は、URLにアクセスして、ファイルをダウンロードすることができます。メールの受信者がグーグルドライブの利用者でなくても、ダウンロードが可能です。

グーグルドライブで、ファイルを削除した場合は、一旦、ゴミ箱に移されます。ゴミ箱を空にすることで、完全に削除されます。誤操作による削除のリスクを抑制した仕組みになっています。

クラウドストレージの中では、無料で使える容量も大きめで、使い勝手がよいサービスです。

posted by 管理人 at 00:00 | TrackBack(0) | クラウドストレージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

ワンドライブ(One Drive)

ワンドライブ(One Drive)は、Microsoftが提供するクラウドストレージサービスです。

クラウドストレージとは、インターネット(クラウド)上にあるハードディスク(記憶領域)で、インターネットに接続できれば、パソコン、タブレット、スマートフォンなど端末や場所を選ばず、どこからでもハードディスクにアクセスできる便利なサービスです。オンラインストレージとも呼ばれています。

ワンドライブは、15GBまで無料で利用できます。
月額利用料を払えば、容量を増やすこともできます。

ワンドライブを利用するには、↓のリンクからアクセスできます。

マイクロソフト ワンドライブ(OneDrive)

ワンドライブを利用するためには、マイクロソフトアカウントが必要です。
マイクロソフトアカウントを作成するには、[新規登録]から作成できます。
マイクロソフトアカウントで[OneDrive]にサインインします。

初めてのワンドライブ1

サインインすると、OneDrive が開きます。
[使ってみる]をクリックしてみます。

初めてのワンドライブ2

スマホのアプリもあり、クリックするとダウンロードページに移動します。
[次へ]をクリックしてみます。

初めてのワンドライブ3

PCにもアプリがあり、クリックするとダウンロードページに移動します。
[次へ]をクリックしてみます。

420335979-04.png

※通常は、左下にある[OneDrive アプリの入手]から移動できます。

初めてのワンドライブ4


OneDrive を紹介すると無料で500MBの容量を追加することができます。
最大10人、5GBの容量まで、無料で増やすことが可能です。
[閉じる]をクリックして終了です。

初めてのワンドライブ5


ワンドライブの紹介方法には、2種類あります。

メールで紹介する方法とリンクから紹介する方法です。

左下の[ディスク容量を追加する]をクリックします。

ワンドライブ無料ディスク容量追加1

[無料ストレージを取得]をクリックします。

ワンドライブ無料ディスク容量追加2

メールで紹介するには、[メールの送信]で宛先に招待したい人のメールアドレスを入力して、[招待]をクリックすると、招待するメールが送付されます。

ワンドライブ紹介方法1

リンクで紹介するには、[ソーシャル ネットワークに投稿]で招待状へのリンクをコピーして、ソーシャルネットワークやホームページなどに貼り付けます。

ワンドライブ紹介方法2


ワンドライブのPC用(Windows)アプリを Windows 7 にインストールしてみました。

ワンドライブの画面の左下にある[OneDrive アプリの入手]をクリックします。

ワンドライブPCアプリインストール0

OneDrive の[今すぐダウンロード]をクリックします。

ワンドライブPCアプリインストール1

[実行]をクリックして、インストールを開始します。

ワンドライブPCアプリインストール2

OneDrive がインストールされます。

ワンドライブPCアプリインストール3

[使ってみる]をクリックします。

ワンドライブPCアプリインストール4

マイクロソフトアカウントでサインインします。

ワンドライブPCアプリインストール5

OneDrive のフォルダの場所を[変更]から指定することができます。
[次へ]をクリックします。

ワンドライブPCアプリインストール6

[OneDrive のファイルをこの PC と同期]画面で[次へ]をクリックします。

[OneDrive のファイルとフォルダをすべて同期]
⇒OneDrive上のすべてのファイルとフォルダをPC上のフォルダと同期します
(個別に指定する場合は、チェックをはずします)
 
ワンドライブPCアプリインストール7

[ファイルにどこからでもアクセス]画面で
[OneDrive を使ってこの PC 上のファイルにアクセスする」のチェックを確認し、
「完了」をクリックします。

ワンドライブPCアプリインストール8

OneDrive フォルダが作成されます。ここに、ワンドライブに保存したいファイルをコピペします。

ワンドライブPCアプリインストール9

ファイルをOneDrive フォルダに格納すると、クラウドストレージと同期が始まります。
ファイルの同期が完了するまでは、PCを起動させておく必要があります。
PCの電源が停止したり、スリープになると、同期は停止してしまいます。


マイクロソフトなので信頼もあり、無料で使える容量も多いので、使いやすいクラウドストレージです。

マイクロソフト ワンドライブ(OneDrive)

posted by 管理人 at 00:00 | TrackBack(0) | クラウドストレージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


新着記事一覧